建築設計のお仕事に興味が沸いてきた?

建築設計と言えば、一般的に馴染みがあるのは個人の住宅設計です。薪ストーブのある家や趣味に特化したガレージハウスなど、オーナーの希望に合わせて 設計する注文住宅。でも建築設計の仕事はこれだけじゃありません。世界的に活躍するような建築士は国や地方自治体の公共施設の設計もします。 そう、何かと話題のオリンピックの競技場もそうですよね。このサイトでは多岐にわたる建築設計の仕事にスポットを当てて、どのような仕事・業務を 行っているのかを紹介します。

建築設計に憧れて

この職に憧れる男性が急増中という噂もチラホラとありますね。

住宅などを建設するのに不可欠な建築会社や土木会社ですが、そこに就職したいと 希望する学生さんが結構増えているらしいです。 物を作るのが得意、あるいは大好きという男性は星の数ほどおりますが、その一部 の中には大きな物を作ることを生き甲斐としたいと考える方もおり、そんな人が 建築会社の面接をきっと受けているのでしょう。

続きを見る

3つの設計

建築設計では何を設計するのか、それを知らないと話が進みません。

建築設計は3つに分類されますが、それぞれを暗記しているのはすでに実務経験 のある社会人だけでなく、そこに就職しようと勉強している学生さん、工務店に 住宅を建てたいと相談している施主など、実は多くの方が知っています。 ではその3つとは何があるのか、意匠設計に構造設計、そして設備設計です。 意匠設計は一番のベースになる建築設計で、その建築物の屋内の間取りや外観 などがこれによって決定されることになります。

続きを見る

具体的な流れ

では実際の業務はどのように進んでいくのかを解説しますね。

最初にどんなコンセプトで建築設計を行いたいのか、それをクライアントに確認 すべく打ち合わせを行うことから始めます。 そこでどんな建物を所望するのか、何に使いたいのか、予算はいくらまでと考えて いるのかを聞き取り、それに対して提案やアドバイスを行います。 注文住宅なら家族が何人いて住居として毎日使用する人間が何人いるのかなど、 設計するうえで知っておかなければならない事柄がいくつかあります。

続きを見る

職としての建築設計

建築設計会社に就職するというのはどんな気分なのでしょうか。

大きな物を作っているんだという実感を得られるので、建築関係の仕事をする人 は毎日がとっても充実した気持ちでいられるでしょうし、いざ完成した建築物を 目の当たりにしたら感無量で涙が零れそうにもなるでしょう。 つまりとっても遣り甲斐のあるお仕事なのです。

続きを見る